即日キャッシングの際の心がけておくポイントを解説申し込んだ日に受け取り可能な即日キャッシング

即日キャッシングを選ぶ際に焦りは禁物

即日キャッシングの選び方/即日キャッシングランキング

 

どんな人でも、突然何かの用事でまとまったお金が必要になる可能性はあります。

 

「突然トラブルが起きてどうしても今日中にまとまったお金が必要になった」
「クレジットカードの引き落としが足りない!今日中に◎万円を用立てなくてはならなくなった」

 

思わぬ事態に陥ると、誰でもとても焦るものです。そんな切羽詰まった不安な状態の時に、「即日キャッシング可能」「今日中に振り込みます」と謳っている消費者金融やローン会社の広告を見てしまったら、つい「早速借りて何とかしよう!」と手が伸びてしまうのも無理はありません。

 

でもその申し込みをする前に、少しだけ考えてみてください。借り入れをするということは、必ず返済をしなければならないのです。特に高額収入のあてがない場合、もしも今の収入状態のまま借り入れをしてしまったら、ローンの支払いはどうしますか?同じ収入で同じ生活費で急に大きな金額を借り入れてしまうと、その中でローンの占める割合が大きくなり、生活を圧迫してしまう恐れがあるのです。

 

即日キャッシングの心得

そのような事態にならない為にしっかりと返済計画を立てて、生活の負担ならないように返済を実行していくことが大切なのです。急に多額の金額が必要になってしまうようなことが起きた場合、精神的に非常に不安になってしまい、焦って何とかすることだけを考えてしまいます。そんな状態では返済計画についてもろくに考えることもできず、渡りに船と高額の借り入れを申し込んでしまうことは大変危険なのです。その結果日数が経過して冷静になった頃に「こんなはずじゃなかった」と更に青ざめるといったことにもなり兼ねません。

 

「本気で即日融資をして貰いたいと思った人へ、ちょっと待って、借り入れ前にこれだけはチェックしておこう!」という心得について考えてみましょう。

 

→お急ぎの方はこちら

 

最低限の利用を心掛けること

基本は、「極力、必要最少の額に押さえること」がポイントです。また、すぐ或いは30日以内に収入があり確実に返済できる見込みがある場合には、大手金融業者が行っている「30日間無利息」サービスを利用しましょう。

 

自転車操業は言語道断

新たに借り入れたお金を、他社からの借り入れの返済にあてることは絶対に避けましょう。「借金の為に新たな借金を作る」というのはとても恐ろしいことです。これを繰り返していくと利息に利息がついて雪だるま式に膨らんでしまい、気付いた時には膨大な借金を背負う羽目になってしまった、というのは本当によくある事例です。自力での返済は不可能、或いは難しいと思った時には、とにかく早めに法律の専門家に相談することが大切です。但し、数日以内に収入があり、必ず返済の目処が立っている場合には、その旨を金融業者に相談してみましょう。遅延損害金はかかるかもしれませんが、相談にのってくれる可能性はあります。

 

よらば大樹の陰

できるだけ大手の名の知れた金融業者から借り入れをするようにしましょう。大手各社は審査のハードルも高い代わりに法律を遵守して営業しています。大手ならではの信用第一なので、法外な利息を請求される、脅しに近い取り立てをされる等の心配はありません。営業規模の小さい金融業者は宣伝文句も「アットホーム」等とても巧みですが、安易に良く知らない会社に買り入れを申し込むのは避けましょう。急いでいるから、よく調べていられない状況だからこそ、「よらば大樹の陰」で大手企業を頼る方が無難なのです。

 

→スピード審査!即日キャッシングランキング

 

焦って即日キャッシング!失敗する4つのパターン

即日キャッシングの選び方/即日キャッシングランキング

 

お金がピンチのときは焦ります。今日の明日にもまとまったお金を用意しなくてはいけません。もちろん今の世の中には即日キャッシングできる制度があるのでそんなに焦ることもないのですが、あわててしまうと必要でもない失敗をするものなのです。即日キャッシングを選ぶときに焦りに伴うどんな失敗に注意しなくてはいけないのでしょうか?ありがちな4つの失敗というのがあります。

 

焦ってあやしい金融業者から借りてしまう

「すぐにでもお金を融資しますよ」という誘いは町中どこにでもあります。駅近くにはたくさん街金がありますし、電信柱などに「ブラックもOK。即日振込み」などとうたっている業者もあります。「お金を工面してくれるならこの際どこでもいい」と焦って近くの街金に飛び込んだり、いわゆる闇金に電話してしまう人がいるようです。街金は確かにお金を貸してくれますし、金利も利息制限法があるので18%以上取られることはありません。しかし返済が大変です。大手のようにATMなども充実しておらず、返済のために毎月店舗に出向かないといけないのです。それだけではありません。金融機関には情報網があり、誰がどこでお金を借りたかという記録が残ります。一度でも街金でお金を借りた人は、かなりお金困っていて返済ができない可能性がある人と思われ、銀行や大手金融会社はお金を貸してはくれなくなります。闇金に電話するのは最悪の失敗です。「トイチ」という言葉を聞いたころがあるかもしれませんが、実際はトイチ(10日で1割の利子)どころではありません。闇金は実際の金利はトニやトサンで、5万借りたら10日後には6万か7万返済しないといけないというような世界です。しかもお金を貸す前に住所、勤務先、親族の連絡先をすべて知らすことになり、半分脅しながら返済後もまたお金を借りるように迫ってきます。闇業界のリストに名前が載ってしまい、いろいろな詐欺の標的にされてしまいます。決して飛び込みでお金を借りてはいけません。

 

焦って何社も申し込んでしまう

お金がとにかく必要、でも審査に通らなかったら怖いから手当たり次第にキャッシングの申し込みをしようという考えはとても危険です。申し込みは2、3社までというのが業界の常識で、近日以内に4社以上キャッシングを申し込むと信用情報機関にそのことが記載されます。これを申し込みブラックという状態になったと言います。申し込みブラックという状態になると、一番お金を借りたいときなのに闇金以外はどこも貸してくれません。なぜでしょうか?見境なく申し込むほどお金に困っている。どこからもお金を借りてすべてに利子をつけて返してくれる見込みは少ないと判断されてしまうからです。信用情報機関に申し込み情報は6ヶ月間は残るので、半年はキャッシングできません。一社ずつ審査を受け、審査結果を待ち、たとえ1社目で審査に落ちても、あと申し込みは1,2社までとしておきましょう。

 

焦って書き間違えない、打ち間違えない

焦ると申込書を書き間違えます。もしくはネット上で打ち間違えます。すると住所が正確でなかったり、電話番号が一桁抜けていたり、書くべき項目が抜けていたり、一番悪いのは審査に通りたいばかりに年収欄を誇張して書いたりすることです。こうした正確ではない申し込みの手続きはその日のうちに終わらなかったり、信用情報を確認した際に誇張がバレて通る審査も通らなかったりするものです。焦ってはいても情報は正確に確認しながら書く必要があるでしょう。

 

焦って必要以上に借りない

本来は10万円だけ必要なのに焦っているゆえに余裕を持って30万借りるというケースもあるようです。結局いったん財布に入った30万は消えていき、返済に苦しむことになります。焦ってはいても最低限必要な額だけ借り入れする事はのちのち計画性を持って返済するために必要なことです。

 

焦ってはいても失敗しない即日キャッシングの選び方

まずはアコム、プロミス、モビットなどの大手のキャッシングに申し込むのが確実です。無人ATMもネット取引も充実していて、のちのち返済も楽でしょうし、融資のスピードも速いでしょう。

即日キャッシングの選び方/即日キャッシングランキング


このページの先頭へ戻る