困った時は信頼できるキャッシング会社を利用しましょう

闇金融の存在について

キャッシング審査を受ける際の注意点

「闇金融」は非常に恐ろしいものであるというイメージがあるかと思いますが、具体的にはどういった金融業者を指すのかキチンと理解されている方は少ないのではないでしょうか?キャッシングの罠にはまることの無いよう、改めて闇金融とは何かを考えてみましょう。

 

映画やドラマ、漫画などで闇金融の恐ろしい取り立てについて描かれているものを目にしたことはあると思います。金融事業を行う本来の許可を取らずに金融事業を行っている業者のことを一般的には「闇金融」と呼び、前述のような取立て行為が実際に行われているようです。
この闇金融の金貸し事業は、まさしく無法地帯です。いわゆるモグリ状態ですので当局が知らなければ調査が入ることもありませんし、金利のつけ方も全て事業者側の言いなりになり、最終的には法外な金利を請求されてしまうことになります。

 

もちろん、このような金融業者から借金をすること自体がそもそもの問題ですが、お金に対して追い詰められると人間は思いもつかないような行動をとってしまうものなのです。闇金融に手を出さざるような状況というと、当然優良な金融機関からお金を借りることはできなかったのでしょうし、既に他にも大きな借金を抱えている場合が多いのでしょう。もともとの借金を返すために別の借金を重ねるという深みにはまった人が、最終的に行き着く先が闇金融であるという話もあります。計画的なお金の使い方が苦手な弱さを持った人物を、闇金融は狙っているのです。

 

どんどん深みにはまっていく闇金融の恐ろしさ

恐ろしい闇金融

更に、闇金融は一度足を踏み入れると滅多なことでは抜け出せないといいます。
例えば、たった5万円だけ借りたとしても返済は難しいのです。というのも、簡単に返済可能な金額を返済しようとすると、なんやかんや理由をつけて業者側が返済金額を受け取らないのだそうです。そして、日々不必要な利息を計上し、最終的には元金以上に膨れ上がった利息の返済を要求します。これこそが、闇金融の狙いなのです。

 

このような状況になっても、債務者はなかなか警察や弁護士に相談することがありません。というのも、そもそも闇金融に手を出す人はちゃんと無許可の事業者で借金したことを理解しており、その後ろめたさから言い出せないようなのです。また、「届け出たら自己破産になる」という恐怖がそれに拍車をかけているかもしれません。闇金融業者は、この心理をよく理解しており、弱みをついた商売をしている訳です。

 

巧妙になる闇金の手口

恐ろしい闇金融

近頃は摘発が相次いでいることもあり、手口も巧妙化しています。一見してとても闇金融業だとはわからないような洗練された事務所を設けている場合もあり、判別が非常に難しくなっています。ですので、キャッシングをしたいときにはやはり可能な限り銀行などの大手金融機関がバックについている、安全な消費者金融を利用するのが一番です。

 

また闇金融を判別する方法のひとつとして、審査があまりにも簡単に通ってしまった場合などは注意したほうが良いでしょう。特に、他の金融機関で何度も融資を断られたのに簡単に審査が通る場合は用心が必要です。決して、契約書を書いてはいけません。何より、冒頭で申し上げたとおり、正規の消費者金融事業者は貸金業者として正式な許可をとる必要があります。この許可を取っている事業者かどうかを確認した上で、キャッシングの申し込みをするようにしましょう。別ページにて、貸金業者としての登録に関する情報を紹介していますので、是非参考にしてください。

 

闇金融でお金を借りるのは本当に危険です。消費者金融を利用する前に、まずは消費者金融についてよく理解をし、決して闇金融に引っかからないようにしましょう。

今でもたくさんある闇金融の被害について/即日キャッシングランキング


このページの先頭へ戻る