申し込んだ日に受け取り可能な即日キャッシング

店舗は閉まっていてもお金を融資してもらう方法がある

休日の即日キャッシング

 

もっともお金がいるときそれは連休です。年末年始の連休、ゴールデンウィークの連休、お盆前後の連休は何かとお金が必要です。一番お金が必要なときに銀行も消費者金融も閉まっています。果たしてお金は借りられないのでしょうか?いいえ、お金を借りることは可能です。ある裏技を使うことによって可能になるのです。

 

無人契約機は開いている

その裏技とは無人契約機に行くことです。開いているということは契約受付を行なってくれるということです。でもちょっと待ってください。受付だけしておいて、結局手続きは連休明けに行なわれて、お金を手に入れることができるのはその後なら意味がないのではないでしょうか?そうではありません。ちゃんと連休中に契約をし、その日のうちにお金を手にすることが可能なのです。それには幾つか準備と即日キャッシングのさらなる裏情報を知っておく必要があります。

 

無人契約機で即日融資を受けるには

無人契約機は無人ではあっても、カメラ越しで実際の人がモニタリングしています。つまりその人が融資可能かどうか判断可能ということです。ですが、休日となると幾つかの制限があり、在籍確認ができません。しかし審査を行なう上で次の事は休日でも行なうことができます。

  • 申し込み内容の確認
  • 信用情報機関への開示請求
  • カードの発行

そうです、基本的に審査に必要なことはほとんどできるのです。ただ通常大型連休中は申込者の会社が閉まっているので在籍確認ができません。(もちろん自分が会社に行き電話受けられるなら可能)ただし審査に確実に通過するためには覚えておいたほうがいい知識があります。

 

休日に審査通過するための必要知識

 

休日は大型融資をするのに適していません。実店舗はしまっていて細かい確認はできませんし、モニタリングしている人に与えられている権限も限られています。つまり借入希望額の欄にあまりにも大きい数字を記入すると審査には通りません。一番確実なのは5万円、10万円などの融資を希望することです。その程度であれば確認が不十分な休日中にキャッシングを受付、たとえ返済できずに焦げ付いたとしても損失が小さいからです。休日に即日キャッシングを受けるための1つ目の知識は借入希望額は少なめにという点です。続いてお金の受け取り方ですが、無人契約金に隣接されているATMで引き出すこともできますが、既にカードを作っている場合には銀行口座に振り込んでもらうこともできます。しかし通常銀行は閉まっているので金融会社も休日の振込みは難しいでしょう。ですがプロミスなら瞬フリというサービスがあり、休日でも三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座を持っていれば365日24時間(メンテナンス実施時以外)振込み可能です。さらにアコムも楽天銀行の口座があれば休日でも振り込み可能です。つまり2つ目の知識として、休日に振り込み融資を受けるには前もって指定の口座を作っておかなくてはいけないという点です。3つ目の知識は申し込みの時間です。これは平日と同じです。午後2時以前に申し込みを行なわないと即日振込キャッシングはできません。2時を超えてしまった場合はネットから申し込みをし、無人契約機でカードを受け取るようにしましょう。

 

一番よいのは事前にカードを作ること

上記のように休日でも即日キャッシングを申し込み融資を受けることは可能ではありますが、制限はかなりあります。よって最善なのは事前に平日ネットや無人契約機でキャッシング専用カードを作っておくことです。いったんカードも入手しておけばコンビニなどの提携先ATMでいつでもお金を引き出せるのです。

大型連休でも即日キャッシング可能?/即日キャッシングランキング


このページの先頭へ戻る