忘れてはいけないキャッシングの返済について

キャッシングの返済

キャッシングの返済

キャッシングは最寄の銀行やコンビニのATMで簡単に利用できるようになりました。借り入れ方法は多彩ですが返済方法も多彩にあります。
最もよく利用されているのが指定の口座から毎月引き落とされる方法です。
給料が振り込まれる口座にしておけば残高不足になって引き落としできなかった、という事態は極力避けられます。毎月わざわざ返済の手続きをしなくてもよい手軽さがメリットです。
これとは別に利用者がATMへ自分で振込みに行くという方法もあります。毎月の返済期日までに決められた金額を振り込みます。月によっては月ごとの最低返済金額より多く支払えることもあるかもしれません。その月にあわせて返済金額を繰り越して支払うことが可能です。月によって返済金額を変更すれば返済期間を縮めることができます。これがATM支払いのメリットですが、期日をうっかり見逃してしまうことのないよう注意が必要です。

 

申し込みも返済もやはり人気はインターネットから

キャッシングの返済方法

最近はどこのキャッシング会社でもインターネットの画面上で手続きができるようになりました。自宅のパソコンやスマートフォンなど画面上の操作で手軽に返済状況をチェックしたり、月ごとの返済金額を変動したりすることもできます。これもわざわざ出向かなくても支払いができるので一つのメリットとなるでしょう。
このように返済方法は大きく分けると口座引き落とし、ATM振込み、インターネット画面上での支払い操作の3種類を挙げることができますが、キャッシング会社によって細かい部分での返済方法は異なります。自分の都合に合った返済方法のあるキャッシング会社を選ぶのもいいでしょう。

 

もし返済が遅れると

キャッシングの返済が遅れた場合

返済が滞ると大きなペナルティがついてしまいます。まず利用者として信頼度が落ちます。低金利ローンなどを利用している場合かなりの信用に基づいて契約したわけですから一度この信用を損なうと金利を上げられたり、一括返済を求められたりすることもあります。
信頼の度合いは次回キャッシングを利用する時に大きく影響します。返済が滞るのが習慣になってしまうなら次回の審査で利用を拒否されてしまうか、融資限度額をかなり下げられてしまうかもしれません。返済停滞、返済不能、自己破産などの記録は一定の年数が過ぎれば審査で問われることはないと言われていますが、実際にこのブラックリストは生涯残ります。

 

キャッシング会社にとって利用者の返済不能は大きな痛手になります。会社の利益を守るためには利用者の借り入れや返済履歴を把握し貸付を制限しなければならないのです。返済能力があるのにうっかりして返済期日を忘れるということがあります。しかしこの小さなミスも会社のリストには返済停滞経験あり、と記録されてしまうのです。返済期日と返済金額は毎月忘れずにチェックする習慣をつけておくことが大切です。

キャッシングの返済/即日キャッシングランキング


このページの先頭へ戻る