即日キャッシングの気になる金利について

即日キャッシングの利息(金利)

 

即日キャッシングにかかわらずキャッシングを利用していくのであれば、必ず気にしなければいけないことがあります。それは金利です。多くの方はキャッシング業者によって金利は違いがあることをご存知だと思います。ただ金利が5%〜17%と表示されている場合、自分の借入の金利がいくらになるのか分かりずらいですよね?金利の幅や最高金利などについて解説していきたいと思います。

 

金利の幅には気をつけて

即日キャッシングの金利

金利の幅は金融機関によって様々公表されていますが、5%〜17%とそこそこ幅が広いことがわかります。この差は1年を通してみればかなりの金額の差になります。できる限り低金利でのキャッシングを利用したいところなのですが、この設定の違いには借り手の信用度による融資金額の差になります。信用が高く、さらには多額の融資をされていれば金利は低く設定されています。その逆であれば金利は高いということです。今からキャッシングの利用をお考えであれば、それは最高年率になる可能性が高いでしょう。キャッシング会社が返済実績を重んじるということが多いので最初の借り入れは限度額が低く抑えられ金利が上がってしまいます。もちろん、安定した収入がある方で高額の借入が可能な方もおられるので一概には言えませんが、一般的にはこういった傾向にあります。

 

返済シミュレーションで金利をしっかりチェック

各金融機関のホームページなどを見てみると、即日キャッシングの場合は年率というように表記されている事が多くなっています。年率ということは、10%の金利ということで1年間で借入れた総額の10%が金利として支払うこととなる金額ということになるのです。ざっとでしたが、計算が面倒になってしまうのであれば、シミュレーション機能のサービスを利用して自動で出してもらうと良いでしょう。

 

低金利で即日キャッシングしたいなら…ココに行かずにココに行け

お金はタダでは借りられません。利子をつけて返さないといけないのです。もちろん金利は少ないほうが負担は少なくて済みます。キャッシングをした多くの人が感じていることですが、金利の違いはなにげに重要です。例えばA社とB社には金利の違いが3%あったとしましょう、すると100万円借りたときは3万円もの年間利息の差があることを意味するのです。どんなに急いでいても冷静さは需要。低金利でなおかつ即日キャッシング受けるにはどこで申し込んだらいいのでしょうか?ココで申し込んではダメ、ココで申し込んだほうがいいというというところを紹介していきましょう。

 

ココで申し込んだらダメ

「低金利1%でお貸しします!」という広告を見たことがあるかもしれません。1%ならどこよりも安いと思って、記されている携帯電話番号にかけてはいけません。それはヤミ金です。実際に電話するとどうなるのでしょうか。「お客様は今回始めてのお取引となりますので1%でお貸しするには信用が足りません。まずは、これこれの条件でお金を借りていただく必要があります。」とか「1%でお貸しするためには、まず当社としても返済能力を確認する必要があります。ますは指定の口座に5万円振り込んでみてください」などと言われます。結局は1%で借りられることはなく、ヤミ金の思う壺なのです。低金利で借りたいのならば、実は最高金利なのに低金利のようにうたっているところで借りるのも注意が必要です。「低金利!4%〜18%。最低金利は4%なので安く借りられるかも」などうたっているサイトもありますが、低金利でキャッシングしたいなら、そうしたサイトの口車に乗って申し込んではいけません。通常金利の上限額以外で貸し出されることはないのです。つまり18%ですが、18%というのは利息制限法で許されている最高に高い金利です。

 

ココで申し込んだほうがいい

低金利でお金を借りるなら金利の上限金利が低いキャッシングを選ぶ必要があります。そうなると銀行カードローンは法律で最高金利は15%以下に抑えるよう定められています。実際もっと低く、ほとんどの銀行カードローンは最高金利設定が14%となっていますが、消費者金融各社の18%と比べると4%の違いがあることになります。しかも銀行カードローンでも即日キャッシング可能です。ただし消費者金融と比べて審査は厳しめですので、年収面やその他属性に不安がある人は審査に落ちる覚悟も必要です。消費者金融のようなスピード感もないので、即日融資を受けたいなら、午前中に申し込むほうがよいでしょう。銀行カードローンの次に低金利なのは銀行系カードローンということになります。銀行系カードローンとは実質銀行が経営もしくはバックボーンについている消費者金融のことを指します。そうした銀行系カードローンは18%より若干低めの場合もあります。例えば三井住友銀行系列のプロミスは最高金利が17.8%に設定されています。少しでも金利を安く抑えたいなら一般の消費者金融よりこうしたところを選んだほうがいいでしょう。

 

本当の意味で低金利に抑えたいなら?

本当に低金利で抑えたいのなら、実はどこで借りるかは大きな問題ではありません。どれだけ早く返済するかが重要なのです。高めの金利設定であっても次の月にすべて返済してしまえばほとんど金利はかかりません。一方、低めの金利設定であっても長い期間に渡って返済するなら相当な金利が取られます。できるだけ利子を払わないようにしたいなら返済しやすいところで借りるのも一つの方法かもしれません。

 

→短い借入れなら無利息キャッシングランキング

即日キャッシングの利息(金利)/即日キャッシングランキング


このページの先頭へ戻る