即日キャッシングの審査のスピードをどれくらいなのでしょう?

即日キャッシングの審査スピードと難易度

即日キャッシングの審査

 

近年のキャッシング事情として一番ポイントになってくるのは即日キャッシングです。やはり、すぐにお金は欲しいものなので、各業者がしのぎを削って様々なサービスを展開していっています。
特に即日キャッシングというくくりであれば、30分で審査完了と謳っていたものが、どんどんエスカレートしていき、結果的にはなんと10秒診断などという業者まで現れてきたほどです。
それだけ即日キャッシングが人気のあるサービスということなのです。

 

しかし少し注意していただきたいのがこのような簡易審査は、本審査とは物の審査になります。どういったことなのかというと、まず、記入する場所には年収と年齢と他社での借入状況などを記載する欄があるのです。
勿論、ここには目安を入力することになります。そのため、ざっとでOKか否かと言う事になるのです。簡易審査になりますので通過したとしても100%キャッシングできるとは限りません。時間を掛けて行なうような本審査とは少し違ってきます。あくまで目安となりますので、仮審査が通らなければもちろん本審査は難しくなります。

 

即日キャッシング審査の流れ

まずは仮審査をクリアし本審査に申し込み時間内に手続きが完了すれば即日キャッシングが可能となります。即日キャッシングというのはハードルが高く難しいと思われがちですが、普通のキャッシングで融資されているのであれば、間違いなく大丈夫ですので安心して下さい。申し込みの過程もほとんど同じですし、時間さえ間に合えば即日キャシングを利用することそんなに難しくはないでしょう。必要書類の提出は当然必須となっているので、あらかじめ準備しておくことも大切です。

 

キャッシングの仮審査と本審査を理解しよう

キャッシングを申し込んでからお金を受け取れるまでの流れは簡単に言うと次のようなものです。申し込み→仮審査→本審査→カード発行→振込みもしくはATMで現金受け取りというものです。気になるのは仮審査と本審査でしょう。いったいこの2つの過程で何が行なわれるのでしょうか?キャッシングの手続きに必要な仮審査と本審査をサクッと理解してしまいましょう。

 

仮審査とは?そのとき審査されること

申込書には年収、事業形態、住居形態、他社借入状況などを記載します。こうした情報は入力され仮審査として機械的に処理されお金を貸していい人かどうか判断されます。例えば年収がない人、年収があまりに低い人は機械による仮審査の時点で返済能力が乏しいと判断され審査落ちします。誰かの家に住み込みで生活している人なども夜逃げの心配ありと判断され、仮審査落ちとなります。しかしある程度年収もあり居住形態も安定しており、他社借入額も問題がない人は、お金を貸していいかもしれない人となります。仮審査はここで終わりではありません。ほとんどの金融会社は続いて仮審査の段階で信用情報機関の情報を確認します。申込書に書かれた住所や連絡先は信用情報機関に記されているものと同じか、年収の記載に大きな相違はないか、実際の他社の借入状況に問題がないか、最近まとめて複数社に申し込んではいないかなどがチェックされます。信用情報も問題がなければ仮審査通過となります。

 

信用情報確認は仮審査のとき?それとも本審査のとき?

信用情報参照は5分もあれば終わる簡単な作業なので、たいてい仮審査のときに行なわれるケースが多いようですが、本審査のときに行なうという金融機関もあるようです。借入希望額が多ければ多いほど、早めに信用情報を確認するという傾向があるようです。

 

本審査とは?そのとき確認されること

本審査とは仮審査の内容を人によって確認する作業のことです。おもな確認内容はその人は本当に記載された会社に勤めているか、本当に記載された住所に住んでいるかという点でしょう。これは人の手によって固定電話に電話することによって行なわれます。まずは勤務先に在籍確認が行なわれます。会社代表に電話をかけ「○○と申しますが、○○部署の○○様はご在社でしょうか?」というような形で確認が行なわれます。金融会社名を名乗ることはありませんので、会社にキャッシングをしようとしていることがばれることはありません。本人が出れば在籍確認終了ですが、「○○はあいにく席を外しております」と代表受付が答えてくれても在籍していることは確認されるのでOKです。自宅の固定電話にも同じような電話が掛かり、実際にその住所に住んでいるか確認する場合もあります。虚偽記載かないことを担当者が確認できるなら、年収、他社借入状況などを総合的に判断し、最大融資可能額が設定されます。これで本審査終了となります。

 

ネット上の審査はあてにならない?

ネット上で金融会社を検索すると、3秒診断なるものがあります。簡単仮審査となっていますが、そこにある程度の情報を入力するとたいてい表示されるのが「ご融資可能と思われます」という表示です。これは信用できるのでしょうか?よく融資可能の出ていたのに実際には審査に落ちたと不満を感じる人がいるようです。審査結果に違いがあるのは他社借入状況と年収以外の要素が考慮されていないためです。ネット上の審査はあくまでも参考までと思っておいたほうがよいでしょう。

 

仮審査・本審査に通り確実に即日キャッシングを受けるには

上記のように記載内容のほとんどは審査の状況で本当かどうか確認されます。つまり誤ったの情報を書かないというのが審査を通すコツとなります。審査に通りたいばかりに年収を多めに書いたり、居住状況に関して長く住んでいるように記載したりすると、かえって逆効果ということもあるでしょう。借入希望額が少なければアルバイト程度の収入でも十分審査に通りますので、内容は正確に申し込みましょう。

即日キャッシングの審査/即日キャッシングランキング


このページの先頭へ戻る