キャッシング利用限度額の増額は可能なのか?

キャッシング利用限度額の増額について

即日キャッシング対応の会社

キャッシング会社と契約をしてから、延滞をせずしっかり返済しながら使っていると、限度額の増額のことが気になってくると思います。
増額になるまでの期間は、キャッシング会社によって違いがあります。たとえば12か月、9か月などです。そして、短くても契約してから6か月以上の期間は必要です。増額をしてもらうためには、信用が必要なのです。
では、信用を高めるためにはどうしたらよいのでしょうか。まず1つ目に、まじめに、そして、定期的に借り入れることです。また、高い金額を1度に借り入れるよりも、少ない金額を、長く定期的に借りるほうが、信用つながるようです。1回の借り入れ額が多かったり、借りる回数が少なかったりすると、業者にとっては不安感につながってしまいます。
それと、絶対条件として、支払の延滞がないことです。1日でも延滞してしまえば、利用限度額が増額されることは不可能と考えてよいでしょう。
それと、さらに多い金額を借り入れることが必要になった場合でも、他社からは借り入れないことです。いくらその会社を長く定期的に利用していたとしても、他社からの借り入れ額が多いと、それだけでも増額してもらう確率は低くなります。もし、さらに多くの金額を必要とした場合は、他社から借りずに、現在利用しているキャッシング会社に増額を依頼したほうがよいでしょう。
長く、継続的に、1つの会社だけを利用していれば、その会社からの信用度も高まっていきます。そうすると利用限度額も増額されていくことでしょう。

 

利用限度額の減額について

近年、貸倒し事情は悪くなっており、キャッシングの業者が利用限度額を減額するということがよく行われています。
支払を延滞するなど、こちら側に責任があった場合は減額されても理解できるでしょう。しかし最近では、そのような理由がなくても減額されてしまうことが起きているのです。
私たちは、支払の延滞などさえしなければ減額されることはないと思ってしまいがちです。しかし、近年では、そのほかに気を付けなければならないことが実はたくさんあるのです。途上審査は、これだけ厳しくなってきているということです。

 

支払の延滞を除いて、利用限度額が減額になってしまう原因

限度額の増減

まず1つ目ですが、他社での借り入れ金額が増えてしまった場合です。他社で借り入れをした情報も、信用情報機関には登録されています。ですから、今利用しているキャッシング会社以外に他のキャッシング会社から借り入れをすると、それについての事も、情報信用機関に載ってしまうのです。そうすると、現在まで借りていた会社の限度額が減額になってしまうのです。キャッシング会社にとっては、他社からの借り入れ件数が増えてしまうことは嫌なことです。そして、重視されるのは、借り入れの額より、利用した件数です。ですので、なるべく他社からの借り入れの件数は無くしたほうがよいのです。事情によって借り入れる額が増えてしまう場合は、他社と契約するよりも、現在利用している業者に増額をしてもらうように申請したほうがよいでしょう。

 

減額になってしまう理由の2つ目は、本人情報が変更された際に届け出を行わないことです。引っ越しなどにより登録された情報が変わったときは、届け出をしなければなりません。特に気を付けなければならないのが、何社かのキャッシング会社を利用している場合です。届け出をした会社と、してない会社があると、信用情報機関の登録からわかってしまいます。つまり、情報が変わったのに、届け出をしていないと思われてしまいます。すると、届け出をしなければならない義務を果たしていないと判断され、減額になってしまうことがあるのです。
他社での借り入れ件数を増やさないこと、本人の情報の変更があった場合は届け出を怠らないこと、この2つには気を付けましょう。

キャッシング利用限度額の増額について/即日キャッシングランキング


このページの先頭へ戻る